電力自由化で得することが出来るか

電力自由化により、これまで事実上の地域独占状態にあった電力を選ぶことが出来るようになりました。このようにシステムが大きく変わる際にはちょっとした工夫でお得になれる可能性があります。つい面倒とそのままにしがちですが、今一度見直してみるのがお勧めです。電力をどこから買うかについて選択できるようになって、明確な差として分かるのが電気料金です。当然ながら同じ条件であれば電気料金が安い方を選ぶことで節約できます。ごく普通のことではありますが、これまでは高いと感じていても自由に電力会社を変えることが出来ませんでした。その点で言えば電気料金を比較できるだけでも大きなメリットと言えます。ただ、電力自由化では料金以外にも着目すべきポイントがあることには留意しておきましょう。

料金と同じくらい大事なポイントサービス

電力会社を選ぶ上で大きな判断材料となるのがポイントです。電力を供給している会社ではポイント制を導入しているケースがあり、そのポイントを電気料金の支払いに充てることで実質的な節約にもなります。極端な例でいうと、月々の電気料金が1000円高かったとしても、ポイントが2000円分付くならそちらの方がお得とも言えます。ポイントの中には他のポイントサービスへと変換できるものもあります。変換先のポイントサービスにて欲しい景品がある場合には、それも電力供給会社を選ぶ理由にもなります。電気料金だけでは必ずしも測れない理由がそこにあります。単なる還元率だけでなく、ポイントを何と交換できるのかについても詳しく調べておく必要があります。ポイントが貯まっても使い道が合わなければ本末転倒です。

サービスの組み合わせで生まれるお得とは

電力を供給する会社の中には他のサービスと組み合わせているケースが少なくありません。例えば、ガスと電気を同時に取り扱っていたり、スマートフォンなどの通信事業と組み合わせていたりすることがあります。単独で見ればお得でない料金だったとしても、複数のサービスと併用することでお得な料金となるケースもあります。もし、電気料金自体はそれほど安くなくても、スマートフォンの料金を大幅に削減してくれるプランがあれば、スマートフォン利用者にとってはお得になります。このように当人のライフスタイルによってお得なプランが異なることにも留意が必要です。例えばガソリンをたくさん使う家庭ではガソリンの割引を行ってくれる電力会社がお勧めです。自分にとってお得になるのはどんなケースかという視点で選ぶのがお勧めです。